簿記

仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第35回伝票制-

投稿日:2017年9月27日 更新日:


簿記3級を独学で勉強やネットで勉強。全く初めてだと不安もあります。そして、勘定科目に借方、貸方とルールが何だか難しいイメージあります。仕訳とは、簿記を基本として、会社では経理部門が管理するお金(会計)の取引記録です。簿記3級合格レベルの知識を独学でできるように最後まで説明していく35回目です。2016年より5伝票制は試験範囲から消滅しましたので、3伝票制メインで覚えてください。前回は、合計試算表、残高試算表、合計残高試算表についてでしたが、今回は、伝票制についてです。3伝票制と5伝票制があります。仕訳自体は難しくありませんので、どのようなものかを押さえてください。

スポンサーリンク

伝票制とは

普段、取引が多いのに、仕訳帳につけていくのは手間がかかります。そのため、小さな領収証のような紙に記入して、仕訳帳の替わりにします。

3伝票制

  • 入金伝票:入金取引を記入
  • 出金伝票:出金取引を記入
  • 振替伝票:入金、出金にも当たらない取引を記入

記入することを起票とも呼びます。

5伝票制  *2016年より試験範囲から削除されました

3伝票プラス

  • 仕入伝票:仕入取引の記入
  • 売上伝票:売上取引の記入

3伝票制

入金伝票

取引:10/11 A店は、売掛金10,000円を現金で受け取りました。

< 仕訳 >

10/11 (借方)現金10,000  (貸方)売掛金10,000

入金伝票には、入金取引が記入されます。つまり、借方は「現金」と決まっています

入金伝票 = “借方” 現金

科目には相手方の勘定科目、金額には取引金額を記入します。

出金伝票

取引:10月8日 A店は、買掛金2,000円を現金で支払いました。

< 仕訳 >

10/8 (借方)買掛金2,000  (貸方)現金2,000

出金伝票には、出金取引が記入されます。つまり、貸方は「現金」と決まっています

出金伝票 = “貸方” 現金

科目には相手方の勘定科目、金額には取引金額を記入します。

 振替伝票

取引:10月26日 A店は、商品3,000円を仕入れ、代金は1,200円は現金で支払い、残金は掛けとしました。

< 仕訳 >

10/26 (借方)仕入3,000 (貸方)現金1,200 買掛金1,800

取引のうち、一部が現金の取引の場合は、一部現金取引と呼ばれます。

  1. 取引を分解して、起票するパターン
  2. 取引を一緒と考えて起票するパターン

そして、伝票への記入は、この2パターンがあります。

<取引を分解する場合>

出金取引:商品1,200円を仕入れ、現金で支払った。 (借方)仕入1,200 (貸方)現金1,200

その他の取引:商品1,800円を仕入れ、代金は掛けとした。 (借方)仕入1,800 (貸方)買掛金1,800

このように取引が別々に行われたと考える方法です。そして、このその他の取引を伝票にするのが、振替伝票です。

結果、伝票では、

<取引を一緒とする場合>

この場合は、取引を

その他の取引:商品3,000円を掛けで仕入れた。 (借方)仕入3,000 (貸方)買掛金3,000

出金取引:買掛金のうち1,200円をすぐに現金で支払った。 (借方)買掛金1,200 (貸方)現金1,200

と考え、一旦全てを現金以外の科目で仕入れたことにして、すぐに、もしくは直ちにその一部を現金で支払ったとします。

伝票は、

ここで注意すべきは、出金伝票の相手方科目が仕入でないことです。この考え方では、全部を掛けで支払って、その後すぐに現金で一部支払ったので、買掛金のうちの一部が現金です。

5伝票制 *2016年より試験範囲除外

これは、先の3伝票に加え、仕入伝票と売上伝票が追加されたものです。

  • 仕入伝票:借方が”仕入”と決まっている伝票。そして貸方も”買掛金”と決まっています。
  • 売上伝票:貸方が”売上”と決まっている伝票。そして借方も”売掛金”と決まっています。

仕入、売上伝票では、常に掛けで全てを支払ったとします。つまり、一部現金取引においては、”取引を一緒として考える”パターンしかないのです。

例えば、売上1,000円があり、現金で600円、残金は掛けとした場合、

一旦全て掛けとして、直ちに一部を現金です。

まとめ

伝票制について説明しました。5伝票制は、範囲外となりましたので、こんなのもある程度にして、3伝票制の特に一部現金取引を確実に押さえてください。

勘定科目一覧

今回はなし
基礎から始めたい方は、こちらです。→
基礎編:借方貸方どっちの覚え方。左右どっちに迷う仕訳を簡単に-基礎編-

第1回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第1回商品売買-

第2回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第2回現金-

第3回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第3回当座-

第4回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第4回小口現金-

第5回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第5回手形-

第6回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第6回為替手形-

第7回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第7回手形裏書値引-

第8回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第8回貸付借入-

第9回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第9回有価証券(株式)-

第10回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第10回有価証券(公社債)-

第11回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第11回未払未収金-

第12回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第12回払受金-

第13回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第13回立替金-

第14回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第14回給料-

第15回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第15回商品券-

第16回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第16回消耗品-

第17回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第17回貸倒引当金-

第18回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第18回固定資産-

第19回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第19回減価償却-

第20回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第20回売却-

第21回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第21回租税公課-

第22回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第22回資本金-

第23回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第23回繰延べ-

第24回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第24回見越し-

第25回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第25回訂正-

第26回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第26回帳簿-

第27回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第27回補助簿-

第28回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第28回小口現金出納帳-

第29回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第29回仕入買掛帳帳-

第30回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第30回売上売掛帳-

第31回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第31回手形帳-

第32回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第32回商品有高帳-

第33回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第33回試算表概要-

第34回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第34回試算表-

第36回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第36回決算整理-

第37回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第37回締切帳簿-

第38回:まとめ簿記3級勘定科目一覧

スポンサーリンク







-簿記