簿記

仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第31回手形帳-

投稿日:2017年9月26日 更新日:


簿記3級を独学で勉強やネットで勉強。全く初めてだと不安もあります。そして、勘定科目に借方、貸方とルールが何だか難しいイメージあります。仕訳とは、簿記を基本として、会社では経理部門が管理するお金(会計)の取引記録です。簿記3級合格レベルの知識を独学でできるように最後まで説明していく31回目です。2016年より為替手形は消滅しましたので、その部分は飛ばして良いです。前回は、売上帳と売掛金元帳についてでしたが、今回は、受取手形記入帳、支払手形記入帳についてです。仕訳帳と総勘定元帳は主要簿と呼ばれ、必ず作成しなくてはなりません。総勘定元帳と仕訳帳が基礎ですが、取引が多い場合には、別途帳簿を作ることができます。これらを補助簿と呼びます。帳簿記入の方法や見方がメインとなるので、仕訳自体が少なくなります。資格試験を受ける場合には、問題集とうまくバランスをとって、学んでいってください。

受取手形記入帳

受取手形記入帳とは、受取手形、為替手形の増減に関する取引詳細を記帳する補助簿です。

  1. 日付
  2. 手形の種類:約束手形(約手)か為替手形(為手)かが略して記入
  3. 手形番号:手形に書かれている番号
  4. 摘要:仕訳相手の勘定科目
  5. 支払人:手形(代金)を支払う人
  6. 振出人:振り出した人
  7. 振出日:手形を振り出した日時
  8. 満期日:支払期日。支払期日を迎えれば(期限の到来)、その金額を受け取れます。手形の割引を受けるのは、これ以前に換金した場合
  9. 支払場所:受取場所
  10. 手形金額:取引金額
  11. 顛末(てんまつ):手形が最後どうなったかを日付と内容(摘要)に記入

顛末(てんまつ)は、なかなか聞き慣れない言葉です。単純に最終的にどうなったの?ということです。ここでは、約束手形は、入金されましたし、為替手形は、満期日前に割り引いて換金したを示しています。

取引と仕訳をイメージしましょう。

9/3 A店は、商品1,000円を売り上げ、代金は同店振出(A店振出)の約束手形(満期日11/2、支払場所X銀行)で受け取った。

(借方)受取手形1,000 (貸方)売上1,000

 

11/2 A店は、売掛金2,100円について、同店振出(A店振出)、C雑貨宛ての為替手形(満期日1/3、支払場所Y銀行)を受け取った。

(借方)受取手形2,100  (貸方)売掛金2,100

<Point>

あなたは、A店に売掛金がある指図人(受取人)です。A店はC雑貨に売掛金があり、

A店:A店に支払う代金(売掛金)を”あなた”に支払って!

と為替手形を振り出して、C雑貨がそれを引き受けて、あなたに支払うという流れです。

 

11/2 No.21の約束手形が決済され当座預金に入金された(顛末欄の仕訳)

(借方)当座預金1,000  (貸方)受取手形1,000

12/8 No.34の為替手形を銀行で割引き、割引手数料100円を差し引いて、残金は当座預金とした(顛末の仕訳)

(借方)当座預金2,000  (貸方)受取手形1,000

手形売却損100

以上となります。ここでの”私”は記入している人で、振出人でも支払人でもありません。

これがわかるかどうかがポイントです。もし、不安があれば、受取手形、為替手形を復習しましょう。

支払手形記入帳

支払手形記入帳とは、受取手形、為替手形の増減に関する取引詳細を記帳する補助簿です。

  1. 日付
  2. 手形の種類:約束手形(約手)か為替手形(為手)かが略して記入
  3. 手形番号:手形に書かれている番号
  4. 摘要:仕訳相手の勘定科目
  5. 受取人:手形(代金)を受け取る人
  6. 振出人:振り出した人
  7. 振出日:手形を振り出した日時
  8. 満期日:支払期日。支払期日を迎えれば(期限の到来)、その金額を受け取れます。手形の割引を受けるのは、これ以前に換金した場合
  9. 支払場所:受取場所
  10. 手形金額:取引金額
  11. 顛末(てんまつ):手形が最後どうなったかを日付と内容(摘要)に記入

取引と仕訳を見ていきます。

5/2 買掛金600円のあるD商事から同店振出、Eコミュを受取人とする為替手形(満期日9/21、支払場所Z銀行)の引き受けを求められ、それを引き受けた。

(借方)買掛金600  (貸方)支払手形600

7/1 No.44の為替手形が決済され、当座預金から支払われた(顛末欄の仕訳)

(借方)支払手形900  (貸方)当座預金900

まとめ

約束手形に関しては、スムーズに処理できるのではないでしょうか。ただ、為替手形で躓くとドツボにハマります。考えすぎず、振出人、名宛人、指図人(受取人)の基本をイメージして、あなたがどの位置にいるのかを捉えます。

勘定科目一覧

今回はなし
基礎から始めたい方は、こちらです。→
基礎編:借方貸方どっちの覚え方。左右どっちに迷う仕訳を簡単に-基礎編-

第1回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第1回商品売買-

第2回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第2回現金-

第3回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第3回当座-

第4回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第4回小口現金-

第5回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第5回手形-

第6回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第6回為替手形-

第7回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第7回手形裏書値引-

第8回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第8回貸付借入-

第9回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第9回有価証券(株式)-

第10回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第10回有価証券(公社債)-

第11回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第11回未払未収金-

第12回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第12回払受金-

第13回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第13回立替金-

第14回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第14回給料-

第15回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第15回商品券-

第16回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第16回消耗品-

第17回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第17回貸倒引当金-

第18回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第18回固定資産-

第19回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第19回減価償却-

第20回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第20回売却-

第21回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第21回租税公課-

第22回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第22回資本金-

第23回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第23回繰延べ-

第24回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第24回見越し-

第25回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第25回訂正-

第26回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第26回帳簿-

第27回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第27回補助簿-

第28回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第28回小口現金出納帳-

第29回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第29回仕入買掛帳帳-

第30回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第30回売上売掛帳-

第32回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第32回商品有高帳-

第33回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第33回試算表概要-

第34回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第34回試算表-

第35回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第35回伝票制-

第36回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第36回決算整理-

第37回:仕訳を簡単にわかりやすく簿記3級合格レベルへ-第37回締切帳簿-

第38回:まとめ簿記3級勘定科目一覧

スポンサーリンク







-簿記