ビジネス

CDの売上不況によるCDショップ衰退、減少の行方はどうなるのか

投稿日:2017年9月8日 更新日:

CDが売れない時代といわれて早何年。スマートフォン普及により、音楽ビジネスも大きく影響を受けている。顕著なのは、CDショップである。純粋なCDのみを扱う店舗は近年見られなくなっている。もちろん音楽業界全体にも影響を及ぼす。原因は、何なのか、今後の展望はどうしたら良いのか。CDショップを軸として考えていきます。

CDが売れなくなった原因と過程

CDが売れなくなってきたのは大きく原因が2つあります。

  1. インターネット音楽配信によるI tunesなどの発展
  2. スマートフォンの普及

ほんの十数年で、CD業界は、驚くべき変貌を遂げています。CDバブル期では、200万枚、下手すれば300万枚、400万枚と一つのアーティストが売れてしまう状況だったにもかかわらず、現状では、10分の1規模であり、市場自体が衰退している。

また、歴史としてCDのみを音楽として純粋に売っていた時から、メーカーの特典至上主義(CDに購入豪華特典を設ける)が始まり、その後CD+αとして、CD+DVD盤や何種類ものジャケット違い、更にはそれらに初回限定盤と通常盤、初回通常盤など同じパッケージに5種類発売となっていきます。そして、現在は、アイドルグループの握手券がこれにあたり、以前よりは落ち着いてきた感があります。

その過程の中で、音楽配信が始まります。気になったのものをCDを買うしか手段がなかった時代から、インターネットで購入する時代へです。ここで起きたことが2つあります。

  1. 有名な曲つまりは、メインの曲しか欲しくないお客様が、ネットでは1曲で購入できるとともに安いため、そちらで購入する。
  2. ライトユーザーがCDショップを離れていく

インターネットで購入できる以上、お客様は、パッケージとなっているCDがいらなくなる、または割高に感じてしまう。歌詞は調べれば良い。となると、必然的にCDショップへ行く目的がなくなります。CDショップ離れの幕開けです。

CDショップは誰のものに

CDショップは形を変え、近年では、雑貨や本の取り扱いも増えてきている。CDショップは、どこへ向かうのか。

現状を支えているのは、ヘビーユーザー、つまりは、アーティストのファンやコレクター気質のお客様がメインでCDを購入していると考えられます。数多くのCDショップが閉店や業態を徐々に変更(本や雑貨の取扱い開始)が見受けられ、ライトユーザーの呼び戻し、新規ユーザーの掘り起こしを行なっています。その一方、レコードブームの再燃にも火が灯ってきています。

CDショップは、現在過渡期にあり、音楽自体がCDで買う時代が続くのか。全てをネットで購入するへ移るのかの状態です。

音楽を聴くという方法がどのように変化していくのか。まさしく、お客様の選択と音楽業界の戦略になってきます。

スポンサーリンク

LIVEは好調

CD不況であるにもかかわらず、コンサートやfesは好調です。物販(グッズ類)も好調なのです。全国各地でリリースイベントをする場でのCDは売れている。リリースイベントでは、独自の特典があるので、ファン心理で買ってしまうことはあります。しかし、CDショップに頼らなくても、足で稼ぐ時代になるのでしょうか。ここで深掘りはしませんが、体験型の付加価値がCD購入へ繋がっていると考えられます。

CDの行方

CDショップとして生き残るのは大変困難になるでしょう。CDという形態そのものがなくなる可能性が大きいからです。古くはレコードから→CD→CD、MD混在期→CD→ネット配信と時は流れました。今後のネット配信メインでの販売を考えます。

  1. プリペイドカード方式でのアーティストのシングル、アルバムの発売
  2. 歌詞カードを別売り

 

これらは、音楽業界内もしくは、アーティスト側が仕掛ける事になりますが、プリペードカードは、コレクションになりますし、歌詞カードを別売りにすることで、欲しい人は買います。CDショップといわれる専門店は、カードや歌詞カードを扱う本屋のような存在になります。

最近、音楽を購入してない。世代によっては顕著に表れます。ただ、fesやLIVEは盛り上がっています。もし、音楽専門店としてのCDショップ復活の鍵は、CDという形態の今後そしてLIVEとの相互価値に、もしくは、復活を望まず、現状のように徐々に全くの異業種を取り込んでいき、店舗形態を変えていけるかになります。

ただし、音楽が全くなくなる。そんな時代が来ることはなく、販売する形態が変化していくにすぎません。

関連参考:
商品コンセプト作成やブランド設計の作り方のポイントを押さえる
付加価値をつけて商品やサービスを高めて、売る、提供するを考えてみる
顧客満足度(CS)の向上は付加価値が高めることと同じ意味なのか
顧客心理を営業プレゼンマーケティングへAIDMAとAISAS
パソナの法則マーケティング。商品サービス販売に役立つ手法。

スポンサーリンク







-ビジネス