マーケティング

プロモーション戦略とは何かを簡単にポイントだけをわかりやすく。

投稿日:

プロモーション戦略(英語:PromotionStragety)とは何かと問われてどんなことが浮かびますか?広報宣伝、販売促進の方法、手段、計画。このようなイメージかと思います。間違っていません。少し堅く説明すると、マーケティング用語では、マーケティングミックスのひとつであるPromotionとなり、そして、プロモーション戦略とは、”顧客との良好な関係を築いていき、購買行動に導く一連の活動”となります。ここでは、これらの流れを簡単にポイントだけをまとめていきます。

スポンサーリンク

プロモーション戦略のステップ

まずは戦略を立てる際の流れの基本をみていきます。

  1. 目標:どの期間にどこで、どれだけの売上、認知度をあげるのか。
  2. 予算:必要な予算はいくらか。
  3. 手段、方法:どんな種類のどんな方法を採って、目標を達成するのか。

これが基本となります。

プロモーション戦略の種類

大きく“プッシュ型”“プル型”の2種類があります。

プッシュ型は、その名の通り、顧客に商品を説明や説得で売りこむ方法。プル型は、顧客を商品に惹きつける方法。簡単に言えばこのようになります。詳しく知りたい方は、詳細をご覧ください。

詳細→ プッシュ型プル型

プロモーションの方法

  1. SNS / 口コミ:実際の消費者同士の双方向コミュニケーション
  2. 販売促進 < チラシ / DM(ダイレクトメール) >:興味や関心のある特定の顧客に対しての一方向コミュニケーション
  3. 広告 < TV / ラジオ / 新聞 / 雑誌 >:市場に対して、広告主が行う一方向コミュニケーション
  4. 実演 / 訪問販売:店頭などで直接販売する現場で直接行う双方向コミュニケーション。人的販売とも言われます。
  5. 広報:パブリシティとも言われます。取材など、マスコミや第三者が報道する一方向コミュニケーション。売る側が費用を負担しないのが広告との違いです。詳細→広告と広報の違い

まとめ

簡単にプロモーション戦略についてポイントを整理しました。ここに記述したことが全てではありませんが、基本として押さえておきましょう。

スポンサーリンク







-マーケティング