ビジネス

アウトプットの意味とは何かを方法と一緒にインプットも押さえる。

投稿日:

アウトプット(output)することが大切でインプット(input)ばかりじゃ。。。とビジネス現場で耳にします。このアウトプットとは、出力する。インプットには、入力するという意味があります。簡単に言えば、テスト勉強がインプット、実際のテストがアウトプットの場となります。ここでは、ビジネスや生活において、このアウトプット、インプットをどのように活用するべきか、整理します。気づかないうちに自分自身でもやっているかもしれませんね。

アウトプットとは

実際、インプットよりアウトプットの方が大切です。例えば、知識や教養を本で読み漁って、結局読んでいるだけになっている。つまり、身についていない。そして、いざそれを活用するときになったら忘れてる。そんな経験ありませんか。

アウトプットとは、英語の”output”で”出力する”という意味があります。では、アウトプットする方法って何でしょうか。

  1. 話す
  2. 書く
  3. 行動する、体験/体感する

これらです。

記憶に残る、いつでも思い出せる。いつでも出来る。こうなって初めて身につく。

となるのです。

インプットとは

それでは、インプットとは何でしょうか。

インプットとは、英語の”input”で”入力する”という意味があります。では、インプットする方法って何でしょうか。

  1. 読む
  2. 聞く

これらです。普段、何気なくしていますよね。そして、誰からか聞いた話を友人などに話したりを繰り返していると、”その話、覚えてないですか?”。まさにこれは、インプットしてアウトプットしている状況になっていて、記憶に残って、身についている状態です。

知識や教養や方法を知りたいがあまり、同様の本を読むだけ読んで、詰め込むだけをしている状態はインプットです。

スポンサーリンク

まとめ

言葉にすると堅くなりますが、何でも良いのです。本を読んだり、観た映画、スポーツの感想、テスト勉強に実際のテスト。

とにかく、ポイントは上記が全てです。ただ、インプットだけ続けていて、全くアウトプット、つまり、読んだり、聞いたりし続けているだけで、それを実際に話たり、行動に移したりしない場合ってとても多い気がします。

ポイントは、

インプットしたら、

『行動する』

これだけです。行動するとは、体験するでも体感するでも良いですし、誰かに話をしたりするのも行動です。とにかく、インプットマーシンだけにはならないように注意してください。

そうすることで

『忘れることのない、身につく』

となります。

スポンサーリンク







-ビジネス