ビジネス

1票の格差とは何なの?わかりやすく意味と計算を理解してみよう。

投稿日:2019年7月10日 更新日:

“1票の格差”ってよくわからない。国政選挙(衆議院/参議院)、所謂”選挙”が行われた後に、◯倍の格差があるなどニュースで流れます。「〜裁判所は、xxの○選挙を違憲状態としました。」と。この格差とは、1票の”価値””重み”に差があることなのですが、これって一体何のことを言っていて、どんな意味があるのでしょうか。ここでは、簡単にわかりやすくポイントを押さえていきます。

『1票の格差』とは

例えば、A地区は人口100人、B地区は人口50人。当選する人はA,B地区とも1人とします。そして、50%の票を集めたら当選すると仮定すると、

A地区:50票で当選

B地区:25票で当選

となります。

しかし、A地区では25票を獲得した人は、落選なのです。

投票する人(有権者)側で考えると各々1票が、B地区では、A地区の半分の影響しかない??と考えられます。

何となくでも「あれっ??」て思いませんか?何か不公平だと。

「だったら、B地区で立候補すれば、当選したよ!」と立候補者は思うかもしれません。

「いやいや、都道府県で人口(有権者:投票する人)が違うから、仕方ないでしょ。」と考えるかもしれません。

つまり、『1票の格差』とは、

有権者(投票する人)の投じる”1票”の『価値』『重さ』が違う。

という不平等さのことです。

単純に考えれば、人口の多い地区ではこの”価値や重さ”は、小さくなり、少ない地区では、大きくなります。

どういうことなのか。先例でみていきましょう。

格差の計算

先例にて、

単純計算で、当選(定数と呼ばれます)は1名なので、

A:B=50:25=2:1(50÷25=2)

A地区とB地区の1票には2倍の差があります。

これが、

「今回の選挙では、〜1区と〜2区の最大で◯倍の格差がありました。」

とニュースで流れるのです。

1票の格差(価値・重さ)の計算自体は、有権者数を議員定数で割った“議員1人あたりの有権者数”を考えます。

有権者数(投票する人数) ÷ 議員定数(当選する人数)

で表すことができます。

先例では、上記に示したように、有権者A地区100人、B地区50人で議員定数は1人です。

A地区:100 ÷ 1 = 100  B地区:50 ÷ 1 = 50

100 ÷ 50 = 2倍

となるわけで、A地区とB地区の1票の格差は2倍ということになります。これがA地区で議員定数(当選する人)が2人、B地区1人であると等しくなります。つまり、1票の格差がないと単純にはなるのですが、都道府県、そう簡単にはいきません。全体の議員になれる人数は決まってますし、有権者数も日々引越しなどで変動があります。ですので、なかなか難しい問題でもあるのです。

しかし、そもそも、なぜ等しくしなくてはならなくて、且つ問題なのでしょうか。

スポンサーリンク

法の下の平等

憲法14条に”法の下の平等”という記述があります。詳細は割愛しますが、

「すべての国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。華族その他の貴族の制度は、これを認めない。」

とあるのです。

これは、選挙における国民一人一人(有権者)の1票の価値、重さにおいても平等にってことだよ!

ということで、裁判にもなるのです。

「価値が平等じゃないから憲法違反だ!」というわけです。

裁判所の判断

これに関して、裁判所の多くの判決は、

「違憲状態」、つまり、「憲法に違反している状態だよ、でも、無効にはしないよ。」

となっています。

「価値や重さが等しくなるように国会で話し合ってくださいね。」

違憲(無効)としないのは、もし無効とした場合、格差のある地区だけでなく、”その時行った選挙が無効ですよ。”となるからです。そうなると現状の極端な話、永遠に”無効、無効”となり、無政府状態になってしまうため、国の運営が困ったことになってしまうのです。

この辺りの詳細はここでは趣旨がことなるので触れませんが、ご興味ある方は、調べていただければ、判決(凡例)や憲法のことが書かれていると思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、わかりやすく簡単にポイントだけを押さえてきました。

あなたは、どのように考えますか。

この”1票の格差”の意味を少しでも知っていれば、選挙のあなた自身が持っている”1票の価値や重さ”がより理解いただけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク







-ビジネス