ビジネス

パレートの法則とは何か。ニハチやばらつきの法則とも呼ばれる内容

投稿日:

パレートの法則をご存知ですか。英語ではPareto’s Law(パレートズロー)と表記される、あらゆるビジネスや仕事で適用できる理論の一つです。20:80の法則やニハチの法則とも呼ばれます。似たようなもので人間関係にも用いられる2:6:2の法則(働きアリの法則)と呼ばれるものもあります。ここでは、これらのポイントをそれぞれ押さえて一通り理解していきます。

パレートの法則とは

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。経済以外にも自然現象や社会現象など、さまざまな事例に当て嵌められることが多い。ただし、パレートの法則の多くは、法則と言うよりもいわゆる経験則の類である。自然現象や社会現象は決して平均的ではなく、ばらつきや偏りが存在し、それを集約すると一部が全体に大きな影響を持っていることが多い、というごく当たり前の現象をパレートの法則の名を借りて補強している場合が少なくない。

出典:Wikipedia

まず、パレートさんが見つけた理論ということで”パレート法則”と呼ばれています。この80:20や2:8や8:2と言われることもありますが、モノやサービスなどのビジネスにおいてもこの法則が利用され、顧客に関し、「とにかくこの”2″を濃くしていこう!」と戦略が練られたりします。どういうことなのか。

「ビジネスにおいては、全顧客の20%が、売上の80%を生み出している」

という考えなのです。これが大前提の基本となり、

・商品においては、お客様の上位20%が、売上の80%を生み出している。

・商品においては、社内全ブランドの20%が、売上の80%を生み出している。

と自身に当てはめて考えていくわけです。

仕事においても、”費やした時間の20%で80%の仕事の成果を生み出している””全従業員の20%で80%の売上を生み出している”と考える理論です。SNSも全体の利用者の20%のヘビーユーザーが支えていて80%はライトユーザーであるともなりますよね。

ここから、何をしていくのかというと、売り上げを伸ばしていくためには、

“全顧客対象ではなく、この20%の顧客に対してより手厚いサービスやキャンペーンを!”

と戦略を立てるのです。

予めコアなファンであった友達に勧められ、あまり興味のなかったアーティストの音楽を聞いて、一緒にライブに行ってみたりするうちに私もコアファンになっていった。簡単に言えば、このようになります。商品でもサービスでも、ブランドでもお店でも自分自身が好きであったり、聞かれた際にたまたまかもしれませんが、何かをキッカケにファンになります。

特に、この商品やサービスを好んで毎回それだけ利用するようなリピーターのファンを大切にするための施策を企業側は考えましょう。ということなのです。

仕事のことも少し先述しましたが、これらはどういうことなのでしょうか。

働きアリの法則とは

パレートの法則に似た理論で2:6:2の法則、働きアリの法則とも呼ばれるものがあります。これは主に、仕事の社内や自身の人間関係における場合に使われます。

アリという組織は、

・よく働くアリ(20%)

・普通に働くアリ(時々サボる)(60%)

・全く働かないアリ(ずっとサボっている)(20%)

であるということで、“2:6:2の法則”と呼ばれるのです。

先述では、仕事において全従業員の20%が売上の80%を生み出している。という例がありました。これもより細かくして、アリを従業員にすれば、感覚が把握できるのではないでしょうか。

・優秀な人材(20%)

・普通な人材(60%)

・やらない人材(20%)

というように。「それなら、やらない人材(20%)を退職させよう!」となるかもしれませんが、不思議なもので、次に残った人材の中からまた上記の構成になる。という理論なのです。

さらに“人間関係”においても

・あなたを好きな人(20%)

・あなたを特に好きでも嫌いでもなく普通な人(60%)

・あなたを嫌いな人(20%)

と考えることができるのです。そこからどうするのかは、あなた自身がどう考えるのかによりますが、どこへ行こうとこんなものだと割り切っても良いかもしれませんね。

参考 → USPとは。マーケティングとコンセプト

スポンサーリンク

まとめ

パレートの法則のポイントを簡単にまとめました。

20%(2割)のファンが売上の80%(8割)を生みだしている。

キャンペーンやその他施策の際、一つの考え方として覚えておきましょう。

スポンサーリンク







-ビジネス