エンターテインメント

レペゼンとakaの意味。ラッパーのヒップホップのライムやフロウ

投稿日:

よくラッパーがHipHopの曲中やアーティスト名で”レペゼン〜””aka〜”とありますが、これってどういう意味でしょうか。最近では、音楽だけでなく様々な所でも使用されています。簡単に本来の意味を知っておきましょう。

レペゼンとは何

英語の[Represent (リプレゼント)]が訛(なま)ってしまった、且つ省略され、

“レペゼン”

です。

英語の日本語訳

・代表する

・代理する

の意味があります。

「レペゼン〜」とは、「〜を代表する」ということです。”〜”の部分は主に国や地域など出身地が入ることが多くあります。日本なら、レペゼン日本のように使います。訳されるときは、正確に”代表する”となっていない場合もありますが、近いニュアンスです。

もちろん”Repesent”や”Representing”のようにそのまま使用されることもあります。

基本として「〜を代表する」を覚えておけば困りません。

a.k.aとは何

英語の[also known as (オルソーノウンアズ)]が省略され、

“a.k.a.”または”aka”

です。

英語の日本語訳

・〜として知られている

・別名〜

・別称〜

・またの名を〜

の意味があります。

「aka〜」とは、「〜として知られている」ということです。”〜”の部分は主に一般的に多く知られている名前が入ることが多くあります。個人名よりグループ名が知られているなら、”個人名akaグループ名”のように使います。

基本として「〜として知られている」を覚えておけば困りません。

スポンサーリンク

まとめ:その他ライムやフロウ、リリックとは何

基本的に英語の和訳からの意味であることは、知っていただけましたか。

その他にもRhyme(ライム)、Lylic(リリック)、Flow(フロウ)などが主にあります。

Rhyme(ライム):韻を踏む

Lylic(リリック):歌詞、抒情詩

Flow(フロウ):流れる、流れ出る、回る、循環する

Flowに関しては、多くの意味が存在しますが、簡単にHipHopに限れば、”この曲に載せて”のような形でしょうか。Lylicは、”歌詞”として音楽では使われることが多くあります。Rhymeは、韻を踏むということですが、この”韻”とは「発した時の言葉の響きが同じように聞こえるもの」と考えると良いでしょう。

ほんの数個ですが、レペゼンにaka、その他、ヒップホップに良く出てきそうな単語を説明いたしました。元来、英単語の意味が関係していることだけでも知っておきましょう。

スポンサーリンク







-エンターテインメント