data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

店舗/メーカー

商品を販売するための方法。ネットショップか実店舗か基本費用感

投稿日:2017年8月8日 更新日:

商品を販売するための方法。個人でもネットショップ小売がわかる。では、主にどのような売り先があるのかにスポットを当てて記事にしました。重複部分もありますが、今回は、売り先を選択した場合の契約や流通経路、利益や費用に注力していきます。

スポンサーリンク

販売ルートは大きく3つ

  1. ネットショップ
  2. 実店舗(お店)
  3. カタログ通販、テレビショッピング

ネットショップ

商品を自社にて保管して、ECサイト製作運営も受発注の対応も全て一人で担えば、一番利益が高くなります。

自社サイトの場合

< 契約 >

  • 商品関する契約は特段ありません(自社で直接販売するため)
  • ECサイトの買い物かご(カート)の契約*無料のものもあります

< 流通経路 >

  • 自社から発送 → お客様
  • 自社商品保管倉庫からの発送 → お客様

< 費用 >

  • 商品製造費用
  • 自社ECサイトを外注する場合の制作費、運営費
  • 買い物かご(カート)利用料(有料、無料あり)
  • 商品発送料金
  • 倉庫保管費(発送作業費)
  • PR、宣伝費
  • 必要な人材費

< 利益 >

  • 商品販売価格 x 数量 – 諸経費

最初に述べたように全てを一人で行えば、製品製造費用のみしかお金がかからないと言っても過言ではありません。極端ですが、お客様に購入してもらえなければ、全てが損失となります。ECサイトについても、製作のみ外注して、運営は自分で行うこともできます。ですので選択肢は様々あります。

既存サイトの場合

< 契約 >

  • 出店、出品契約(詳細は検討サイトにてご確認ください)
  • ECサイトの買い物かご(カート)の契約*無料のものもあります

< 流通経路 >

  • 自社から発送 → お客様
  • 自社商品保管倉庫/各サイト指定倉庫からの発送 → お客様

< 費用 >

  • 商品製造費用
  • サイトシステム利用料
  • 倉庫保管費(発送作業費)
  • PR、宣伝費
  • 必要な人材費

< 利益 >

  • 商品販売価格 x 数量 – 諸経費

各サイト倉庫の利用の有無など、利用条件により特徴も費用も異なってきます。特徴については、今一度記述します。

Amazon

  • Amazonは”出店”ではなく、”出品”です。
  • Amazon倉庫が発送を代行してくれますが、自社からの発送も可能です。
  • 売上金額から出品手数料が差し引きされます。
  • 独自の管理システムで受発注を管理します。

楽天

  • 楽天は”出品”ではなく、”出店”です。
  • 月額◯円の出店手数料、システム手数料がかかります。
  • 独自の管理システムで受発注を管理します。

yahoo

  • yahooを簡単に言うならば、オークションでの販売となります。

実店舗

実店舗で販売しようとした場合は、

  1. バラエティショップ
  2. ドラッグストア
  3. 量販店
  4. 自身で店舗を出店

< 契約 >

  • 直契約、間接契約

< 流通経路 >

  • 自社商品保管倉庫 → 取引先店舗または指定倉庫
  • 自社商品保管倉庫 → 卸業者 → 取引先店舗または指定倉庫

< 費用 >

  • 商品製造費用
  • 取引先受発注システム利用料
  • 倉庫保管費(発送作業費)
  • PR、宣伝費
  • 必要な人材費

< 利益 >

  • 商品販売価格 x 数量 – 諸経費

流通経路による違いについては、商品が店舗に届くまでを参照ください。流通経路により利益が変わってくるのですが、これは導入する際の契約条件が非常に大切です。値引き合戦やたたき売りにならないために、導入しないという判断も時には必要です。最初の契約、本当に重要ですよ。

カタログ通販、テレビショッピング

カタログショッピングは、ディノス、セシール、ニッセンなど、テレビショッピングは、ショップチャンネルやQVC、ジャパネットの他、テレビでタレントさんが出演して放送したりしているものです。商品の売り方で売れる売れないの面白さをモノ売るプロは教えてくれる

< 契約 >

  • 買取または消化

< 流通経路 >

  • 自社商品保管倉庫 → 取引先指定倉庫

< 費用 >

  • 商品製造費用
  • 取引先受発注システム利用料
  • 倉庫保管費(発送作業費)
  • PR、宣伝費
  • 必要な人材費(紹介する人を雇う場合は、売上の10%)

< 利益 >

  • 商品販売価格 x 数量 – 諸経費

自社の販売戦略や予算が重要なのは勿論ですが、相手方を想定した取引条件の重要性は、何度もお伝えしております。詳細は、買取、委託、消化を参照ください。

そして、一番は” 集客 “です。もし今、確実に1万個購入してくれる取引先もしくはお客様がすでにいれば、製品製造数量など費用面でも計画がたちます。逆に確実に購入してくれる取引先もしくはお客様が0(ゼロ)である場合、戦略を詰めてまずは、お客様を集めることが先です。この集客は、多くの起業家のみならず、企業も悩んでいる部分です。

スポンサーリンク







-店舗/メーカー