Beauty

洗顔のやり方を覚えて、洗顔料選びと洗顔方法の基本をマスター。

投稿日:2019年3月11日 更新日:

洗顔料には、主に石鹸や洗顔フォームがあります。昨今では洗顔ブラシなるものも市販されていますが、正しい洗顔できていますか?泡立ちが良いもの?泡立ちが悪いもの?どんな基準で購入していますか?毛穴汚れや黒ずみ、ニキビなどそれぞれの悩みに合う洗顔料を選択する方も数多くいらっしゃいます。ここでは、選び方の基本をおさえ、洗顔のやり方、方法を簡単に整理いたします。

肌による洗顔料の選び方の基本

脂性寄り、乾燥寄り。あなたのお肌はどちらでしょうか。

例えば、脂性寄り肌を持っている人が、皮脂をしっかり落とせる洗顔料を購入するのは良いですが、逆に乾燥寄りの肌なのに上記の洗顔料を使用するのは疑問になるのは何となくでもイメージできるのではないでしょうか。

つまり、購入のポイントは、何はともあれご本人の肌の状態なのです。

こんなことをよく聞きます。

「泡立ちの良いものが、洗顔料として良い。」

確かに個人個人の感じ方の違いが化粧品類などの肌に触れるものにはあるのですが、

泡立ちの良いもの=良質

というイメージがあり、それを洗顔料の選択にしている方も多いでしょう。

モコモコしますし、滑らかなイメージすらします。

しかし、

脂性寄りの肌の人は、

  • 皮脂をしっかり取ってくれるもの(洗浄力が強め)
  • 泡立ちが良い(泡立ちが良いものは、皮脂をとる力が強いとされています)

乾燥寄りの肌の人は、

  • 洗い上がりがしっとりするもの(油分や保湿成分が高いもの)

これらを目安に購入することをオススメします。

洗顔方法の基本

顔の汗やホコリは、水で洗顔しても落ちます。が、皮脂汚れが残りやすくなります。そうなるとニキビや肌老化の原因になったり、化粧水などの浸透を妨げるものになります。そこで必要なのが洗顔料なのですが、実は意外とやってしまうNGの方法や思い込みがあるので、正しい知識を整理しましょう。

固形の石鹸類について

何やかんやで一番肌に優しいのは固形の石鹸!ってなこと、お聞きになったことないですか。

泡立ちも良いですし、モコモコしています。しかし、基本的に固形石鹸は洗浄力が高いものが多く存在します(界面活性剤の一種のため)。つまり、固形の石鹸が一番肌に優しいというのは正解ではありません。

1日何回も洗う。

1日1回(お風呂?)が基本です。皮脂の多さに悩まれている方は、先述の項目を参考の上、朝も洗顔するのが良いです。

したがって、多くても1日2回で十分です。

こすり洗い。

これをしてはいけません。汚れが気になる部分であっても、強くゴシゴシせずに、クルクルと優しく泡で洗いましょう。

洗顔は泡で洗うが基本です。

シャワーで、熱いお湯で流す。

お風呂で洗顔する場面が多いです。洗顔後、シャワーで身体もろとも流す。そんなことしてませんか?

確かに気持ちが良いです。しかし、お風呂での40℃ほどで洗い流してしまうと、肌に必要な潤い成分まで洗い流して、せっかく洗顔したのに!となってしまいます。

洗顔した際は、少し冷たいな!と感じる32℃〜34℃で洗うようにすることが大切です。

関連記事

メイクアップの基本 脱毛器のオススメ、違い 美顔器の効果、選び方  ブルベとイエベ

かかとのガサガサの原因  SPFとPAのお話  ルージュの違い

スポンサーリンク

まとめ

洗顔の基本を簡単に整理しました。

何より大切なのは、

自分自身の肌の状態

です。

これを理解して、適切な洗顔料選びそして方法で行いましょう。

スポンサーリンク







-Beauty