data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

ライフスタイル

結婚のタイミングが合わない男女たち。心理と適齢期それとも仕事。

投稿日:2017年8月26日 更新日:

彼氏や彼女との結婚を意識。しかし、タイミングがわからない。女性は何で決める。男性は何で決める。確実な診断方法があれば良いのに。悩みは尽きません。恋をして、付き合って、いざ結婚へ!こんな感じだったはず。いったいタイミングはいつ訪れるのでしょうか。仕事面、経済面それとも心理面。好きなのは確かなんだけど、どうしたら良いのでしょうか。整理しながらみていきましょう。

スポンサーリンク

女性のタイミング

  • 相手がいる
  • 子供が欲しい
  • 仕事に疲れた
  • 結婚したいという憧れ
  • 周りが結婚していく

大きく分けるとこのような理由が挙げられます。では、相手に求める条件は何でしょうか。

  • 経済面
  • 優しさ
  • 思いやり

挙げればたくさん出てきそうですね。

男性のタイミング

  • 相手がいる
  • 子供が欲しい
  • 仕事が軌道に乗り始めた、落ち着いてきた
  • 転勤、転職の機会
  • 周りが結婚していく

少し理由が女性と異なります。仕事面が入ってきています。では、相手に求める条件は何でしょうか。

  • 思いやり
  • 優しさ
  • この人とならと想える

主夫を希望してる場合は、ここに経済面が入ってきますが、至ってこのような感じです。

タイミングって何なの?

長く付き合って、結果、別れてしまった。付き合ってすぐに結婚した。周りにもいませんか。やはり、人それぞれですよね。長く付き合った人が別れて、次付き合った人とすぐに結婚した。というのも結構あります。つまり、付き合った年月が”結婚”に直結しているわけではないのです。

近年では、女性がプロポーズされても断るケースというのも出てきています。

古くは付き合って結婚したら、女性は家庭を守り、男性は外で働く。いわゆる専業主婦縛りです。周りからの圧力で結婚なんていうのもあったでしょう。しかし、社会変化に伴って、結婚しても働きたい!子供を産んでも働きたい!もちろん専業主婦!と選択肢が大きく拡がってきました。理由は何であれ、共働きが当たり前の時代かのようにもなってきています。

女性が男性に求めるものも多種多様、男性も同様に多種多様。個々の生き方が尊重されてきている時代だからこそ、タイミングもどれか一つなどとなるはずもなく、よくわからなくなります。

ポイントとなるタイミング

そんな中でも、結婚へ進むタイミングはあります。それは、イベント事です。

  • お互いの誕生日
  • クリスマス
  • 記念日
  • バレンタインとホワイトデー

と世の中で起こるイベントと2人のイベントの時です。もし、これらがお互いで特に何もしないなど時の流れとなってしまう場合は、”結婚へ”とはならない可能性は高いです。お互いやらないという確固たる意思確認や宣言があれば別ですが。

大切なのは、何なのか

あなたが、何かモノを買い替えたりするタイミングは何ですか?最新というスピードが年々早くなる中で、”欲しい”と思ったとき、それが現代におけるタイミングになってませんか。つまりは、タイミングなんてないという事です。

結婚も”したい”と意識しだした時から始まります。ここに男女に差が出るのです。タイミングではありません。乱暴な言い方ですが、”勢い”というのもあります。

どんな出会い方でもどんな付き合い方にしろ、結婚にきっかけは必須です。”この女性しかいない”と思われることは、大きく影響するでしょう。女性に関しては、あなたの相手をしてくれるのは、私だけだと男性に想わせるということです。

  1. お互いの居心地の良さ
  2. 二人で生活していける経済的基盤(専業主婦希望の場合は、男性の経済面の安定)
  3. イベント

大きく現実的にはこの3つがあれば結婚できます。

もし、どちらか一方でも結婚を意識したのであれば、きちんと話し合うことをオススメします。心理戦ではありません。会話を含め、コミュニケーションはとりますよね。その中で、折り合える部分、納得できない部分、腑に落ちない男性なんて表れてきます。究極的には、結婚しないなら別れるで良いです。同棲していて、トイレの使い方がなんて生活の違いも出てきます。

個々が自分の出した答えを納得して選択をしていきましょう。

スポンサーリンク







-ライフスタイル