Beauty

ニキビを治す。跡の原因や悩み、ブルーライトなど治す方法とケア。

投稿日:2019年10月8日 更新日:

ニキビを治らない!そんな時どんなニキビケアをしてますか?男性でも女性でも思春期ニキビや大人ニキビのお悩み。自分で潰して、気づいたら跡になっていたり、原因もわからないままいつも同じ場所にできている気さえする。そんなことありませんか?そもそも、ニキビの原因は、アクネ菌という菌が関係しています。洗顔も大切、ケアも大切と治すおすすめの方法を調べると市販の薬用のものやオロナイン、パッチ(絆創膏のようなもの)、ピーリング(ブロアクティブ/proactiv)に医療機関でのレーザー(ブルーライト)治療と多く存在します。もちろん、口コミも参考にするでしょう。できれば、根本の原因を改善して、何が自分にとって良い方法なのか見極めたいものですよね。ここでは、ニキビについて原因、仕組み、治す方法を整理して確認していきます。まずは、ニキビのできる過程や仕組みを知って、治す方法やケア方法を自身については何が良いのかの観点から見つけていきましょう。でも大切なのは、”根本原因の改善”です。

ニキビの原因を見てみよう!

主な原因は、皮膚に常在する「アクネ菌(の排泄物)」です。

このアクネ菌、

「酸素が苦手!」

「皮脂が大好物!」

という特徴があり、普段は、毛穴の奥に住んでます。

つまり、「毛穴の詰まり」が”ニキビ生成”のスタートとなります。

毛穴が詰まるというのは、主に” 汗 “や女性であれば、” ファンデーションなどのメイクの残り “が原因とされます。ですので、日々の洗顔が必要なのです。

ニキビの進行

アクネ菌は、皮脂が大好物で、汗やメイク残りが毛穴に詰まると見つけてとそれを食べて、約2週間をかけて進行していきます。そして、

「目で認識できるときは、既に炎症が進んでしまった状態」

なのです。

どうして同じ場所にニキビができる?

ニキビの進行は、毛穴の奥に常在するアクネ菌が、

  1. 毛穴に詰まった皮脂を食べることでニキビへ進行する。
  2. 目で認識できるときは、既に炎症が起こったもの。

で、実は、その周りには、まだ目に見えず、潜んでいる

「隠れニキビ(次のニキビ)」

があるのです。

つまり、これが「同じ場所にまたできた!」となる現象です。

ニキビでの悩みを根本から解消しようとすると

  1. 洗顔 : 毛穴の汚れをしっかり落とす。
  2. ケア:隠れニキビへの対策。毛穴の奥のアクネ菌の殺菌。

この2つが重要となります。

これらニキビのケアにはどのような方法があるのでしょうか。

↓唯一の家庭用ブルーライトニキビケア機器詳細↓

メーカー希望小売価格からのセール価格期間やクーポンコードがあるので、要チェック




唯一のクリニック仕様。家庭用ブルーライトニキビケア

ニキビを治す方法(ケア)

  1. 剥がす:〜ピーリングなど(プロアクティブ、角質ポロポロ〜)
  2. 塗る:クリーム類(オロナイン)などの化粧品類
  3. 貼る:パッチ(絆創膏)*市販されているものも有
  4. クリニック(医療機関):レーザー(ブルーライト)

以上の4つの方法があります。

プロアクティブなどのピーリングの方法は、肌表面の角質層をめくってアクネ菌を苦手な酸素に触れやすくするメリットがある一方、肌の弱い方などアフターケアに手間がかかり、肌荒れの原因ともなり得ることがデメリットとしてあります。

オロナインやパッチ類は、出来てしましまったニキビを消炎して、皮膚に近いアクネ菌を殺菌するメリットがある一方、毛穴の奥の「隠れニキビ(次のニキビ)」を防ぐことができないデメリットがあります。

クリニック(医療機関)では、ブルーライトで施術、直接、毛穴の奥のアクネ菌にアプローチ、殺菌するメリットがある一方、治療費が高額(1回¥5,000以上)であるデメリットがあります。

ニキビをケアするには、

「毛穴の汚れをしっかり落とし、毛穴の奥のアクネ菌を殺菌」

することで、肌を清潔に保ち、根本原因を断つことが、何より大切なのです。

図の矢印方向を見ていただくとわかりやすいですが、大きくは上から防ぐようにアプローチしている(ピーリング、オロナイン、パッチ)と奥にアプローチ(クリニック、トリア)して肌を健やかにする2つとなります。

ニキビ(特に隠れニキビ)に適切に対応することが、必要です。そのため、根本を断つには、断然クリニック!!となるのですが、施術では、ブルーライトが使われることが一般的です。ただ、通うのが面倒だし、高額だし。しかし、これが、家庭でもできる機器が存在します。それがトリアという唯一の家庭用レーザー機器(脱毛器、美顔器、アクネケア)メーカーです。

でもちょっと待って!!

“ブルーライト???”

あまり良いイメージがありません。

ブルーライトは危ない?

確かに、PCやスマホのブルーライトは目にダメージがあるとされています。ことニキビに関しては、クリニックでブルーライト施術がされるのですが、これは、有害と言われる上記の機器から放たれるものとは別の波長であるとともに、ブルーライトはアクネ菌を殺菌し、浴び続けるとそれが酸化して減少するので有効とされています。

トリアのアクネクリアブルーライトって?

トリアのアクネクリアブルーライトは、クリニックと同様の技術を備え、それが自宅でできる手軽さがあります。行なっていることは、クリニックと変わりがありません。

「毛穴に潜むアクネ菌に直接アプローチして、健やかな肌に導く」

ことを目的とした、ニキビ専用機と言っても良いでしょう。

使用方法

使用方法としては、2ステップのみです。アウターケアで1ステップです。

  1. 洗顔
  2. トリア・アクネクリアブルーライトを当てる
  3. ローションなどで肌を整える

トリアでは、専用の洗顔フォームやアフターローションが販売されていますが、ご自身が普段使われているもので構わないです。

医療機関との違い

ニキビのブルーライト施術は医療行為のため、クリニックの医師でしか施術できません。この技術を家庭用として可能としたのがトリアとなります。

「通うのか。自宅か。」

これが違いとなり、使用している技術、ブルーライトの波長に違いはありません。

 

↓唯一の家庭用ブルーライトニキビケア機器詳細↓

メーカー希望小売価格からのセール価格期間やクーポンコードがあるので、要チェック




唯一のクリニック仕様。家庭用ブルーライトニキビケア

「あれっ!?ブルーライトって医療機関だけなんでしょう??」

そう思うのは当然なのですが、このトリアは、

アメリカFDA(Food and Drug Administration:アメリカ保健福祉省機関)が認可した、

唯一の家庭用レーザーシリーズ

なのです。

*FDAとは*

アメリカ食品医薬品局(アメリカしょくひんいやくひんきょく、Food and Drug Administration; FDA)は、アメリカ合衆国保健福祉省(Department of Health and Human Services, HHS)配下の政府機関。連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を責務とする。FDAは食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行う。

出典:Wikipedia

もちろん、家庭用として市販されている中でも唯一のレーザー仕様なのです。

ですので、

  • 通う系の医療機関(クリニック)
  • 家庭用のトリア

2つの選択肢の違いになります。

仕様と疑問点

クリニックとトリアのブルーライトは違うのか?

トリアの波長は、415nm(ナノメーター)です。これは、紫外線や目に有害とされているブルーライトの波長とは別の波長であり、クリニックと同様の波長です。

レーザーは、危ない?痛い?

トリアのレーザーは、“Class1”という国際的なレーザー安全基準を装備しています。

紫外線を含まない、目にも安全な波長の光であることが認定されています。

そして、痛みはありません。

クリニックとの違いって結局・・・

通う or 自宅

この違いです。

1日どのくらいやればいいの?

機器を肌に当てると自動的に電源がON、ブルーライトが照射され、” 1日(毎日)1回5分間 “、肌に密着した状態で動かしてください。5分経過すると音がなり、自動的にOFFになります。

まずは、2週間の使用が目安です。

付随品や買い足しが必要??

アタッチメントの替え、買い足しなど一切ないです。洗顔後に使うので、普段の洗顔とアフターケアのローションがあればOKです。

顔以外に使用できるの?

顔以外にも説明書の手順でご使用いただけます。目、まぶた、ほくろ、いぼ、皮膚潰瘍、癌性組織、重度のニキビにある部位は使用を禁止されています。

お気に入りの化粧品が使えない?

使用後のお手入れも専用のものはなく、普段お気に入りで使用している洗顔フォーム。機器使用後は、ローションなどで肌を整えればOKです。なので、今までのお気に入りの化粧品類が使用出来なくなる心配もありません。

重さ、充電、バッテリーについて

重さは約135gなので、スマホくらいです。

フル充電は、約2時間。USBに繋ぎます。

バッテリーは、約500回の充放電を基準としているので、1年間毎日使用しても365回です。スマートフォンのバッテリー程度と考えましょう。

尚、充電しながらの使用はできません。

 

ピーリングとかは試したからクリニックに通いたいけど・・・

  • 「いつまで通うの?」:終わりが見えない。
  • 「予約が取れない」:忙しくなって定期的に通えなくなる。
  • 「結果が見えるが・・・」:最終的な費用がわからなくなる(交通費含)。
  • 色々試したけど、効果が出ないな。
  • 肌がもっと荒れた気がする。

このように不安に思ったり、悩んだりします。

これらが、トリアであれば、

  • ピーリングやクリーム、パッチと同様の技術では結果が見えないので、技術が違う(ブルーライト)で解消できる。
  • 自分の好きな時間、空いてる時間、テレビを見ながらでも使用可能(充電しながらは使用できません)。
  • 毎日1回の定期的使用(5分間)で実感できる(肌の違いは2週間を目安)。つまりコスパが良いです。

ニキビ跡の原因とお悩みにはこちら

ニキビ跡は、

自身で潰してしまうことはもちろんのこと、悪化して化膿したニキビにより

傷ついた真皮(皮膚)が自然に修復できた部分とできなかった部分

が凹凸になって、炎症はないものの、所謂”クレーター”(ニキビ跡)と言われるものになります。

これを治すためには、ニキビ用ではなく、美顔用を必要とします。これらは、通うのか自宅で行うのか。方法はいくつもあります。

トリアには、この”美顔”のレーザーを家庭用にした美顔器が販売されています。ニキビ跡でお悩みの方は、特にこちらがおすすめです。

詳細 → 美顔器の効果と選び方や種類と違い(フォト/光/レーザー)の基本

アクネ菌が沈静化していない状態の肌(ニキビが継続して出来てしまう。)であれば、トリア・アクネクリアブルーライトがおすすめです。

沈静化して(ニキビが出来なくなっているけれども)、ニキビ跡だけが肌に残ってしまっている場合には、上記詳細のトリア・スキンエイジングケアレーザーがおすすめです。

 

↓唯一の家庭用ブルーライトニキビケア機器詳細↓

メーカー希望小売価格からのセール価格期間やクーポンコードがあるので、要チェック




唯一のクリニック仕様。家庭用ブルーライトニキビケア

まとめ

いかがでしたか?

脱毛器についてはこちら→ 脱毛器のおすすめな種類と効果、違い(光やレーザー)と選び方。

美顔器についてはこちら→ 美顔器の効果と選び方や種類と違い(フォト/光/レーザー)の基本

ニキビケアについて見てきました。どの方法でも日常の洗顔やローションでのケアは使用必須です。

その上で、

  • 通うのか。
  • 家庭用なのか。
  • 内面からなのか、外だけなのか。

この部分から表を参考に選択を始めてみてはいかがでしょうか?ここでは、トリアはレーザー美顔器もありますが、こちらは、ニキビケア専門機器と主に取り上げてきましたが、長期持続的かつコスパを考えると自宅でブルーライトを行うことができるのは大きな魅力です。さらに、ピーリングやクリーム、パッチなどを行なった場合、同じ技術の家庭用を購入しても通っているのと変わらなくなります。

  • 好きな時間に”〜ながら”もOK
  • 肌へのダメージが少ない(奥にアプローチ)
  • クリニックへ通ったり、ピーリングをする生涯トータル費用(付属品の買い替え、買い足しがなし)
  • 家庭に1台でシェアできる
  • その上、クリニック同様の実感
  • お気に入りの化粧品類(洗顔やローション)もそのまま使える。
  • 30日返品保証+2年間保証付

これらを考慮してもトリアは魅力です。

そして、私は、

  • 一時期のニキビを治したい!(クリーム/パッチ/ピーリング)
  • そもそもの根本の肌をケアしていきたい!(クリニック/トリア)

とにかくこのような観点で技術をよく理解した上、効果の高い、あなたの生活スタイルに合った方法や手段を見つけてくださいね。使用後は、肌をローションなどで整えることは忘れないでくださいね。

スポンサーリンク







-Beauty